sailing days

事業開発とキャリア構築支援が大好きなベンチャー起業家のブログです。

英語のリスニングに最適!TEDのおすすめ動画【3選】

f:id:neopathos4:20180813123005j:plain

TEDをご存知の方は多いと思う。TEDとは、Technology Entertainment Designの略で、世界中の著名人によるさまざまな講演内容を開催し、映像を配信している非営利団体だ。

 

TEDのスピーカーに選出されることは名誉だが、聴衆としてTEDに参加するだけでもハードルが高い。なぜなら、大金が必要だからだ。TED公式サイトによれば、参加費用はなんと10,000ドル(約120万円)とのことだ。10年ほど前は30万円程度だったが、映像が世界中に配信されるようになってから、価格が上がっているようだ。

www.ted.com

さて、今回は、TEDは著名人の知恵を得るためだけでなく、英語の学習に最適であるということをお伝えしたいと思う。 

TEDは、英語のリスニング・スピーキングの学習に最適

多くの人が指摘しているように、TEDは英語の学習に最適だと思う。リスニングだけでなく、スピーチ内容やフレーズを暗記することで、スピーキングにも役立つ。

実際、僕はTEDを日常的に聴くようになって、英語でのスピーキング能力も向上し、ネイティブと英語である程度のコミュニケーションもできるようになった。

また、スピーカーは各ジャンルで一流の人ばかりなので、どれも示唆深い内容だし、またユーモアのセンスも磨かれるはずだ。

ただし、TEDはアップロードされている動画の種類が豊富で、何をみれば良いか分かりづらい点がネックだ。

そこで、今回は特におすすめの動画を3つピックアップしたい。

 

TEDのおすすめの動画3選

3位:ボディーランゲージが自分をつくる(エイミー カディ)

www.ted.com

再生回数:48,251,834

スピーカーは、ハーバード・ビジネス・スクール(HBS)の経営学准教授で、社会心理学者だ。

自身のボディーランゲージが、相手に対してだけでなく、自分自身に対しても影響を与える、ということについて、さまざまな事例を交えながら話す。実験でのエビデンスを用いているので、説得力のある。

 

ポイントは、 以下の点だ。

・ボディーランゲージは、自分で自分のことをどう思いどう感じるかも決定する

・話す内容よりも、話す人の態度(Presence)が大事

・小さなフリが、大きな変化に繋がる

 

 仕事の会議やデートなど、日常で今すぐ使える知恵が詰まっている。

 

2位:ムーブメントはどうやって起こすか?(デレク・シヴァーズ)

www.ted.com

再生回数:7,327,611

ムーブメントは、リーダーだけでなく、最初のフォロワーも重要な役割を果たす、ということを分かりやすい動画を使って解説している。

 

最初に何か新しいことをする人は、大抵周りの人から変人扱いされ、バカにされる。その「バカ」をリーダーに変えるのは、最初の数人のフォロワーであり、リーダーについていく勇気を持つことも、とても重要だという指摘をしている。

 

何か新しい企画やプロジェクトの立ち上げの際にも、活かせそうな内容だ。

 

1位:優れたリーダーはどうやって行動を促すか(サイモン シネック)

www.ted.com

 再生回数:39,914,286

これは、僕が毎日のように聴いている動画だ。

なぜアップルは革新的で偉大な企業になったのか?という問いに対して、歴史上の偉人ん事例や、脳の構造の話などを交えて、企業・人を問わず、優れたリーダーの共通点を見出していく。

 

・人を導く偉大な人や組織は、考え方、行動の仕方、伝え方がまったく同じ

・そして、それは他の人たちとはまったく正反対のやり方である

・Why→How→Whatという「ゴールデンサークル」 にしたがって、「 Why」から始める人が、周りの人を動かす

 

リーダーを目指す人やリーダーにとって、一度はぜひチェックしておくべき内容だと思っている。

 

英語学習が捗る、TEDのおすすめの聴き方

TEDの公式サイトの動画には、さまざまな言語で字幕を付けることができる(字幕オフも可能)。youtubeでも字幕を付けることができるが、人工知能が音声を解読しているので、しばしば間違っていることがある。

そこで、TEDの公式サイトにて、次の順番で聴いてみることをおすすめする。

  1. 字幕なしで聴く
  2. 英語の字幕付で聴く
  3. 日本語の字幕付きで聴く
  4. 字幕なしで聴く
  5. iTunesにダウンロードして、音声だけで聴く(以後、音声を繰り返し聴く)

ストーリーを頭に思い浮かべながら英語を聴くことで、日本語のフレーズと英語の言い回しを一致させることができる。このように、日本語⇄英語の表現方法をストックしておくことで、いざ英語で会話する際にも、頭の引き出しから出して、実践することができる。

 

特に、iTunesにmp4形式でダウンロードすることで、通勤中などに繰り返し聴くことができる。お気に入りの動画が見つかったら、ぜひ暗記できるレベルまで、繰り返し聴いてみてみて欲しい。

 

TOIECが600点以上で、かつ短期間で英語力を身につける喫緊の必要性がある方は、スカイプ英語の先駆けであるレアジョブ社が運営する【レアジョブ本気塾】 がおすすめしたい。

価格は高いものの、英会話学習経験豊富な日本人トレーナーがマンツーマンで学習をサポートするプログラムなので、まさに英語の精神と時の部屋のイメージ。受講するには、無料説明会の参加が必須なので、まずは質を確かめてみると良いだろう。