sailing days

事業開発とキャリア開発が大好きなベンチャー起業家のブログです。

キャリア

キャリア論、転職エージェント裏話、面白いHRサービス等について記載しています。

カリスマホスト Roland(ローランド)様から学ぶビジネス哲学

正直に言おう。僕はRoland(ローランド)様のファンだ。むしろ大ファンだと言っても過言ではない。Roland様(以下、Roland)とは、歌舞伎町、いやホスト業界で知らない者はいない、超有名ホストである。現在は、テレビなどマスメディアでも度々見かける機会…

AIによって「遊び」は「仕事」になるのか?その論理を繋げてみた

巷では、 「今後、AIは人間の仕事を代替していき、仕事はどんどんなくなっていく。これからは、遊びが仕事になるのだ」 という言説がまことしやかに囁かれている。 こういった主張に対して、 「いやいや、さすがにそんなことは起こり得ないよ。みんなが遊び…

英語が苦手でも大丈夫!英語での打ち合わせを乗り切るたった1つのポイント

あなた自身の英語力があまりないにも関わらず、海外のビジネスパーソンと英語で打ち合わせをする機会が訪れたことはないだろうか? 誰か英語ができる同僚などが同席してくれれば良いが、場合によっては、1on1での打ち合わせを行う機会もあるかもしれない。…

チャンスを掴むために、アウトプットを続けよう。あたらしい経済での連載開始の背景【追記あり】

幻冬舎さんのwebメディア「あたらしい経済」にて、「エネルギーテックが生み出す、あたらしい経済」というタイトルで連載させて頂くことになった。 今回は、連載に至った経緯と、アウトプットの重要性について考えを整理してみた。 幻冬舎のあたらしい経済っ…

社会人が今からでもプログラミングスクールに通うべき理由【実体験あり】

いま、日本ではエンジニア不足が深刻になっている。経済産業省のレポートによれば、IT人材の不足数は2020年に36.9万人、2030年に78.9万人になる見込みだそうだ。 とは言うものの、エンジニアの知識がゼロの状態から、いきなりエンジニアに転身しようとするの…

LinkedInの便利な機能を活用して、LinkedInで転職を成功させるための具体的な方法

前回は、LinkedIn(リンクトイン)は転職の目的以外でも使えるということをお伝えした。 www.neopathos4.com 実際のところ、LInkedInは転職サイトではなく、あくまでも「ビジネス特化型のSNS」であり、プロフェッショナル同士を「繋げる」ことが、LinkedInの…

転職目的以外の、LinkedInの3つの有益な使い方

LinkedInを日常的に使っている方は、どの程度いらっしゃるだろうか? LinkedInをもっともアクティブに使っているクラスターは、人材紹介事業者やヘッドハンター、あるいはリクルーターであることに異論はないだろう。 でも、LinkedInは人材業界以外の方にも…

転職エージェントの手数料(Fee)はどのくらい?

転職活動は、一種の情報戦とも言える。そのため、転職を行う際に転職エージェントを上手に活用することは、望ましい転職を実現するための有益な手段だと僕は考えている。 しかし、彼らも「人材ビジネス」の一環で行っているのだから、彼らなりの合理的な経済…

【転職エージェント裏話】内定が出やすい求人案件はブラック企業なの?

転職活動の真っ最中、企業から内定(オファー)を受けたら嬉しいはずだ。自分のスキル、職務経験、人間性を評価してもらえたこととイコールだからだ。ただし、内定が出たら一歩立ち止まり、冷静に現在の状況を判断することは、とても大事である。 中途採用の…

【転職エージェント裏話】転職エージェントの予算とKPI

今回は、転職エージェントの裏話として、転職エージェントの予算とKPIについて詳しく書こうと思う。転職を検討されている皆さまは、ぜひ本文を読んで転職エージェントと適度な距離感で付き合い、転職を成功させて欲しいと思う。 転職エージェントとキャンデ…

ナンパは転職活動の成功確率を高める、と確信している話

転職活動に必要な要素は、人間力 人生にそう何回も訪れない転職活動。特に初めての人は、やはり不安になるだろう。ベンチャー企業ではあまりなくなったと思うが、面接担当者のあのムダに強い威圧感は未だに残っている。 転職活動は、小手先のテクニックだけ…

元ヘッドハンターが教える、ヘッドハンティングによる転職でキャリアアップする方法【追記あり】

ヘッドハンティングという言葉を聞いて、自分には関係のない、ごく一部の特殊な事例だと思っていたりしないだろうか? 実は、ヘッドハンティングは海外だけでなく日本でも普及しており、いわゆるシニアエグゼクティブ層だけでなく、20〜30代の比較的若手の方…

LinkedInで最重要なヘッドラインの書き方(事例付き)

日本でもLiknedInがより普及することを願い、LinkedInに関する記事も増やしていこうと思う。今回は、僕がプロフィールで特に重要だと考えているヘッドラインについてご紹介したい。 なぜLinkedInでヘッドラインが重要なのか? 1. あなたは何者か?という問い…

「大企業とベンチャー、どっちの方が成長できると思いますか?」

僕は暇があるとスタバ(wifiが通っているので)に行って仕事したり、仕事している振りをしてyoutubeをみたりしているのだが、最近はやはり就活シーズンだからか、履歴書やエントリーシートを書いている就活生を見かけることが増えてきた。 色んなタイプの志…

Candidate Experienceとは何か? Candidate Experienceの視点が採用に求められる理由

Candidate Experienceという言葉を聞いた事はお有りだろうか?アメリカのリクルーティング業界ではバズワード的に流行り始めている概念の一種で、Candidate Experience Awardというセレモニーなどもあるようだ。 本エントリでは、What、Why、Howの観点から、…

「求人ってウソつきの業界」とは一概には言えない。

Startup Asia Tokyo 2014でのビズリーチ南社長の講演内容の編集記事を読んだ。タイトルは「求人ってウソつきの業界ですね」である。編集に悪意を感じる部分も多々あるが、それを差し引いても、人材業界に携わる者として「ウソつき」呼ばわりされるのは解せな…

営業職はなぜ人気がないのか? - 営業職のキャリアパス再考

営業職は人気がない?営業職として働いている候補者にお会いする機会がしばしばある。特に20代の若い方に顕著な傾向だが、多くの方は次は営業以外の職種で働きたいと言う。なぜそう考えるのか、本音ベースで理由を伺ってみると、「プレッシャーがキツい」、…

離職率は、会社選択の基準の4つのうちの1つでしかない。

離職率を会社選択の基準にするという記事を拝読した。記事の執筆者の尾藤氏は、離職率が高い企業は「労働環境が劣悪」で「人間関係が構築できない」の2つの要素があり、また「働くのなら、働き易い環境を選択することが重要」と述べており、「離職率が低い…

「自分のビジョン」は何か? - 転職先を考える前に考えるべき、たった1つのこと。

「井口さんはどうしてこの仕事をされているのですか?」先日お会いした候補者から、面談の最後に余談的な会話の中で頂いた質問だ。この質問に答える際はいつも、スティーブ・ジョブズの「Connecting dots」の話が頭に浮かぶ。もやもやする自分の考えを整理す…

「おいしい案件」とは何か?

世の中には大量の求人案件が出回っているが、エージェントから見て「良い案件」、通称「注力案件」または「おいしい案件」とは何だろうか。 「おいしい案件」とは、売上(=採用決定)に繋がりやすいと思われる案件だ。その観点から、①案件の魅力度 と ②採用…

「ワークライフバランス」の論点は、業務時間の長さについてではないと思う。

仕事柄、候補者(転職希望者、または中長期的に検討されている方)にお会いする機会が多くあるが、面談の中でワークライフバランスの話になることがしばしばある。ワークライフバランスというと、一般的には「業務時間」の長さについて言及されることが多い…

8月14日(木)20:00〜開催 DeNA エンジニア採用セミナーのご案内

弊社(株式会社アイアンドシー・クルーズ)主催で、株式会社ディー・エヌ・エーのエンジニア限定の採用セミナーを開催します。2013年11月に仮想ライブ空間「ショールーム」、12月に漫画雑誌アプリ「マンガボックス」と児童向け通信教育「アプリゼミ」、そし…

Beach Boysのキャリア論 〜親愛なるK先輩へ〜

ビーチボーイズというドラマをご存知だろうか。1997年に放送された、反町隆史と竹野内豊が主演の、言わずと知れた夏の月9の名作である。各界に多大な影響を与え、多くの信者が「広海」と「海都」の生き方に熱狂したが、何を隠そう、自分もその1人である。…

「優秀な営業マン」とは何か?について考えさせられた、スーツ屋での体験談。

先日、スーツ用のワイシャツが欲しくなり、たまたま近場のスーツ屋に足を運んだ時のことだ。パステルピンクでちょっと高級っぽく見える物が欲しいと思っており、色や模様、値段を中心にシャツ売り場を2、3分程見ていた後、「このシャツにしよう」と思って…

4/27(日)13:00~ エンジニアのキャリア研究所(無料セミナー)開催します

4/27(日)13:00より株式会社リブセンス 転職会議ユニットのエースエンジニアを招いて、 エンジニアのキャリアについて”緩く”語る座談会イベントを開催致します。 「向いている方向性が自分と同じ人と"緩い繋がりを創る"ことが、 エンジニアのキャリアを拡げ…

40~50代の採用ニーズが強い企業はどこか?

少し前になるが、DODAさんが恒例の転職求人倍率レポートを発表している。基本的には、全業界にわたって採用意欲は旺盛なようだ。しかし、当然ながら採用ターゲットは若手(35歳未満)に集中しているのが常だ。じゃあ、40~50代の採用ニーズはどんな状況なの…

高収益Webベンチャーのスーパーエンジニアに聞いた、良いリーダーの3つの条件

先日、高い技術力で有名な、某Web系ベンチャー企業で活躍中で、以前より懇意にさせてもらっているスーパーエンジニアと呑む機会があった。その方は、現在はエンジニアとしてコードを書かれているが、それまでは実質的なCTOとして、サービス企画・開発・マネ…

モバイルリクルーティングの時代

imomentou社The History of Modern Recruiting 興味深いグラフを見つけたので共有。左図のインフォグラフは、主にモバイル(というかスマートフォン)を活用したリクルーティングソリューションを提供するスタートアップである、iMomentous社によるものだ。…

某社で教わったWeb業界ポジショニングマップが秀逸だった件

Web系企業 ポジショニングマップ 先日、極めて高い利益率を誇る某Web業界の巨人に訪問し、人事責任者の方からざっくばらんにお話を伺う機会があった。その際、弊社の優秀なコンサルタントからの「D社やK社といった技術力の高い企業との立ち位置の違いは?」…

就活コンテンツ 『就活ファール!』 がクソ面白い件

外資金融・コンサルに続き、ベンチャー企業の就活がそろそろ本格化する時期だが、たまたま就活ファール!というWebサイトを拝見する機会があった。これがとても面白い。就活を控えている学生に対して、面接のシミュレーションを通じて「面接のプロ3人衆」が…